【北斗の拳宿命】初打ち実践稼働!メダル持ちが悪い分出玉は・・・!?バトルボーナス拳王を引いた結果!

2021/04/01稼働記事3北斗の拳宿命

応援PUSHお願いします!!

にほんブログ村 スロットブログへ
AKB48桜甘デジを初打ちした前回稼働はこちら↓







軽くドーピング


体が疲れているのでどうすればいいのか考えてみました。

睡眠をたくさんとるのが一番手っ取り早いとは思うのですが

それは中々難しいので時間をかけずにサクッと回復できる方法はないものかと。

そこでまずはお風呂にゆっくりつかる作戦です。

お風呂というのはなんて癒されるのでしょうか。

いつもより湯船にゆったりつかった結果、なんだか癒された気がします。

そして寝る前にリ〇ビタンDを飲む事により

超回復を狙いました。

その結果!

特に何も影響は感じられませんでした。

うーむ、リポDくらいではHP回復が足りないんでしょうかね。

何か体力回復する方法を見出さなくては!


北斗の拳宿命初打ち


さて、北斗の拳の新台がまた出ましたね。

歴代の北斗は基本的に面白い台が出ているので

今作でも期待していますが

今回は導入台数がどこも少なく少しだけ不安が。

6号機になってから大量導入して失敗するパターンが多いですから

仕方ないとは思いますがmずは自分で打ってどんなものか感じ取ろうと思います。

北斗の拳宿命 298G

天井は800Gという事なのでこれくらいから打てるのは

初打ちとしては非常に丁度よいです。

天井恩恵がボーナス確定なのでちょっと嬉しい。

6号機の天井は天井がCZだったりしますからね。

ひとまずボーナスが確実に得られるスロットは良い台なのです。モンキーターン4とかね。

という事で打ち出すと











北斗七星が7個埋まりました!

レア小役を引くたびに北斗七星に球が入っていきます。

とりあえずこれを貯めるゲーム性なんだろうな思っていると









七星チャンスに発展しました!

なるほど、これでCZに発展してボーナスを目指すという事ですね。

レア役からの直撃もあるんでしょうが

低設定では期待できないでしょうからね。

しかもこの七星チャンスではどの玉が選択されるかはガチ抽選だというのです!ホンマかいな。





今回は青が選択されました。

きっと赤の玉とか出たら激熱なんでしょうね。

緑でもそこそこ期待度はあるのでしょうか。

とりあえず青が選択されたという事で





ミッションに発展しました!

今回発展した先は

バットがリンちゃんを助けだすというもの

後から分かったのですが一番期待度の低い演出でした。

しかし予想に反してミッションに成功!

こんな簡単にボーナス獲得できるなんて楽勝な台なのか!

と思っていたら








NEXT バトルパート。

まさかのここからまたバトルに勝たないとボーナスを得られないという・・・。

CZが二段構えになっているというハードルの高さ。

これはなかなかボーナス当選は難しそうですね。








しかし一発WIN!

バトルパートは意外と発展した時点で熱いんですかね。

ともかくボーナスゲットです。




ボーナスは2種類


さてボーナスゲットしたわけですが

北斗の拳宿命のボーナスは

セット数管理のバトルボーナス伝承

差枚数管理のバトルボーナス拳王

の2種類があります。

どちらも楽しそうではあるのですが今回出てきたのは









赤7揃いのバトルボーナス拳王です!


一応こちらのボーナスの方が期待獲得枚数は多いので良い方を引けたという事かな?

このバトルボーナス拳王では




バスバチャレンジみたいのが良く来ます。

ここで7を狙うと







差枚数上乗せします。

しかしほとんどが10枚です。

結構な頻度で出現するのでゴリゴリ差枚数が増えます。

レア役でも上乗せするのですが

今回は大きな上乗せはありませんでした。

そしてゴリゴリ上乗せしながらボーナスを消化していった結果





500枚ほどの出玉で終了です。

とくに見せ場はなかったものの

割と安定した出玉が獲得できる印象でした。

100枚とかで終わってしまうATに比べたら全然良いですね。

よくわからなかったのですが

とりあえず今回の稼働はこれにて終了です。


まとめ


トータル収支 +4K

とりぜず勝てました。

6.1号機という事でメダル持ちが少し悪くなっていますが

その分平均出玉は多くなっているんですかね。

とりあえず次回はセット数管理の方のバトルボーナス伝承をうやってみたいと思います!

それでは次の更新まで

アリーヴェデルチ!!






おかえりはこちら↓ 

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村