【とある魔術の禁書目録】激熱の一方通行リーチが来ないと当たらない件。リミットブレイクチャンスのサクサク感は最高です

パチンコ稼働とある魔術の禁書目録

応援PUSHお願いします!!

にほんブログ村 スロットブログへ
番長ゼロでゼロモードを追いかけた前回稼動はこちら↓





ブランケットのすごさを君は知っているか!?


去年の年末にディーラーで車検に出したところ

記念品的なものをくれました。

何が入っているのかと思い梱包を解き箱を開けてみると

中にはブランケットが入っていました。

そもそもブランケットとはなんぞや!?という話なのですが

一般的にブランケットとは英語で毛布のことで

日本では

寝るときに使うのが毛布で

ひざ掛けや羽織るのに使うのがブランケットと呼ばれることが多いそうです。

そんなブランケットをもらったわけですが

特に使うことも無く部屋に放置してました。

これを最近ふと発見して

よく映画館とか飛行機とかでブランケットの貸し出しとかしてるけど

そんなに暖かいものなのかなあと正直効果を疑いつつ

物は試しということで

通勤時にひざ掛けとして使ってみたところ

ホカホカーー!

めちゃくちゃ暖かいじゃないですか!

ブランケット自体が熱を発しているんじゃないかというくらい

暖かいのです。

俺はこんなすごいものを知らずにここまで生きてきたのか。

今日からブランケットなしでは生きられない体になってしまいました。

みなさん、ブランケット良いですよ。

 

とある期待値を追いかけて


この日もD店にやって来ました。

相も変わらず期待値を探して徘徊します。

最近はスロットでは番長ゼロ、パチンコではエヴァなどの

ヒット作が出てきていい感じですね。

多少なりともホールに賑わいがあるのは良い事です。

牙狼と花の慶次はちょっとすべってる感じがしますけど。

そんな人気台を横目に

今回はこの台を打ってきました。

とある魔術の禁書目録 542回転











大当たり後の台なので

実際は388回転ハマリの台です。

分かりにくいので

カウンター上で954回転で天井と考えていると

いいかもしれませんね。

さて早速天井を目指して打っていくのですが

633回転で

がぶがぶゾーンに突入しました!

先読み系のゾーンでは一番信頼度の低いゾーンなのですが





保留は十字架(紫)まであがりました。


これなら何とかなるかもしれません。

そんなこんなで









疑似3まで行きました!


これでひとまずSPリーチまでは言ってくれそうです。

この疑似3からの発展先は











VSシェリー。

信頼度2の全然熱くないリーチに発展しました。

これはアカンやつですね。

これは流石にダメだろうなと思っていたのですが








予想通りだめ。


まあそう簡単に当たりはしませんね。





熱そうなリーチが来たら


さて再度打っていくと

691回転で






インデックス保留がきました!


これは同じ紫保留でも十字架保留より全然信頼度は高いです。

なんだか熱い感じがすごいしてきました。

そんなリーチの発展先は




VS左方のテッラです!

VS神の右席リーチは

そこそこの信頼度があります。

チャンスアップ次第で大当たりのチャンスなのです。

そんなテッラ。とのリーチは










その幻想をぶっ壊す!


とめちゃくちゃ気合いを入れたのですが

ハズレ。

雰囲気だけは当たりそうな感じだったんですけどね。

もうこのまま天井まで連れてかれるのかなと思っていたのですが

710回転で









一方通行のリーチに発展しました!

ここへ来て激熱なリーチに発展しました!

このチャンスだけは逃さない・・・!

そんな想いでリーチを紹介ていった結果









大当たりをゲットしました!


なんとか天井まで連れてかれることなく

大当たりをゲットできましたね。

それでは早速












右打ち開始です!

この台のSTはサクサク進んでいくので

個人的には結構好きです。

だらだら当たらないリーチで時間を消費するのはごめんですからね。

そんなSTを消化した結果









4連で終了です。


こんなもんですかね。

なかなか大連チャンというわけにはいきませんね。

という事で今回の稼働はこれにて終了です。


まとめ


トータル収支 +3K

ギリギリプラスで終われました。

確変突入率100%は安定していますね。

次回はもっとバシッと勝てるように頑張ります。

それでは次の更新まで

アリーヴェデルチ!!






おかえりはこちら↓ 

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村