【北斗の拳天昇】金カットインはAT確定!?シンの写真しかない稼働

稼働記事2北斗の拳新伝説, 北斗天昇

応援PUSHお願いします!!

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

皆様の応援のおかげでブログが更新できています!
ありがとうございます!!

おつかれさまです。ミヤチェケです。


超倍倍チャンスを引いた前回稼働はこちら↓

密です!

最近また新型コロナウイルスの感染者が増えてきましたね。

検査の数を増やしたからという事ですが

このペースは心配になりますね。

せっかくパチンコ屋を始め飲食店なども通常営業を始めたというのに

このままではまた緊急事態宣言が出てしまいそうです。

そうならない為にも今一度手洗いうがい等の対策をしっかりと行っていきましょう。


しかしなんやかんや言うてもパチンコ店からの感染は聞かないですね。

夜のお店からよく出ているという事から

向かい合って喋るのが本当に一番危ないんですね。

その点、パチンコは人と人とが向かい合うわけではないからまだマシ…って事ですかね。

パチンコ店側の対策もしっかりしているからというのもあると思います。


なんにせよ早く収束してくれることを切に願っています。




もう一つの北斗再び

この日はマイホに訪れました。

やっぱりマイホが一番落ち着きます。

この居心地の良さは他のそれを圧倒していると思います。

しかし最近過去記事に出てきたカンというエナバルが出没するようになったので

関連記事:


また拾い辛くなってきています。

彼は掛け持ち遊戯などを平気で行うのでかなり厄介です。出禁になってしまえ

ワタクシは正攻法で行きますよ。マナーを守った正攻法こそが一番稼げる方法だと思います。


とまぁ愚痴はこれくらいにして稼働の方に行きます。

今回打ったのはちら

北斗の拳 新伝説創造 前日253G 前々日14G 前々々日143G 当日0G

正確にはもっとハマっているかもしれませんがこれ以上さかのぼれないのでこれ以上は不明です。

リセットされてたら一発で天国拝めますが打つ台も無いので暇つぶしに打ってみます。

この台も人気は無いですが勢いに乗れば爆発力はあるんですよ!

マイホにはなぜかこの台は5台も設置されています。

正直、他の5号機置いてくれよと思うのですがこれはこれでマイホでは需要があるので撤去されないんですよね。

打っていくと当日265Gで




当たりました。

ゲーム数的に遡れなかった分はほとんどハマっていなかったかリセットだったようですね。

ともかく大けがしなくて良かったです。

まぁ



バトルでは大けがしたんですけどね。

お陰様でARTに入ることなく終了です。

この台でART入れるのもなかなか難しいですね。

さて何かほかの台が育ってないか徘徊してきます。

シンのシンによるシンの為の北斗天昇

古い北斗を打っていたお陰で台が育っていましたよ。


北斗の拳 天昇 前回当たり641G 1G

得意な方の北斗が空いていました。

早速打っていきます。

すると



247Gで気合いを入れたら当たりました!

天井当選ですね。

しかしながら問題なのは



小役レベルが1という事です。

昇舞魂1個でしたからね。

ここは逆境に強い男ミヤチェケを発揮するしかありませんね。

天昇は小役レベルが低い時ほど意外と勝っちゃうものですから!








2回戦敗退です。


おお・・・この世に神も仏もいないってのかい?

シンは本当に強いですね。リプレイを引いても勝てはしません。

でも安心してください。

どこからともなくケーーーン!と叫ぶ少年の声が聞こえてきました。


そして復活して3戦目に突入です。

その強敵バトル突入画面が






 

金のシン。

シンの金カットインは結構レアじゃないですか?

ワタクシはかなりの台を打っていますが初めて見た気がします。

しかしシン3連戦は流石に気が滅入りますね。


という事で撃破期待度50%以上とか書いてありますがAT確定です!

ありがとうございます!





1000枚以上出たので満足です。

一応設定示唆を確認してみると





やっぱりシン。


今回の稼働ではシンの写真しかありませんね。

シンの専属カメラマンにでもなりましょうかね。

といったところで今回の稼働は終了です。

まとめ

トータル収支+15K

勝てました。天昇は本当に楽できるから助かります。最近は毎日1回転もされてない事が多いですが

それでも打つ人は0ではないんですよね。

ワタクシもヒラで打つなら天昇打ちます。なぜなら設定1でも勝てる気がするから。


それでは次の更新まで

アリーヴェデルチ!!

おかえりはこちら↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村