パチンコ店前面禁煙に伴ってどのような変化が起きるのか!?

雑記

応援PUSHお願いします!!

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

皆様の応援のおかげでブログが更新できています!
ありがとうございます!!

お疲れ様です!ヘビースモーカー大佐ことミヤチェケです!

今回はちょっと真面目なお話です。

パチンコ店の全面禁煙はいつから?

2020年4月1日からです!

これについて

思うことをつづりました。

自分も喫煙者なのでモロに人事ではありません。

とはいえワタクシ自体は今のところはスロット、パチンコをやめる気はありません。

あくまで今のところはです。

今後のスロット業界において革命といっても過言でもない今回の事案

どう影響が出てくるのか考えなくてはならないのです。






改正健康増進法

受動喫煙を防ぐ為に改正健康増進法が2020年の4月から前面施行されます。

これによりパチンコ屋だけでなく飲食店や学校、医療機関でも全面的な禁煙が実施されます。

しかし全面禁煙といっても喫煙ルームなどを設置してその中で喫煙することは可能となっています。


この対策として自分の住んでいる近くのホールではすでに喫煙室の施行が行われているホールがあります。

すでに完成しているようですが今のところは看板が設置されていて

「使用禁止」の札が貼られていますが、これが取り外されるのは4月1日なのでしょう。

ちなみにマイホは小規模店なのですが

Left Caption
ミヤチェケ
喫煙室を作る気配がないな・・・

と思っていました。

するとある日張り紙がされていました。

「4月1日からは全面禁煙になるので屋外の喫煙所でしか喫煙は出来ません」

なるほどなるほど。この店は完全に屋内での喫煙を禁止しているのですね。

しかし、屋外にある喫煙所ってきっと

入り口においてある灰皿のことなんだろうなぁ・・・。

喫煙所と書いてありますが多分ただ灰皿が置いてあるだけの場所です。

入り口近くなので少しは屋根があるのですが、5人も集まったら屋根からはみ出してしまうくらいのスペースです。

雨の日は壮絶な場所取りの争いになりそうです。


しかしながら世の中の禁煙に向けての働きを感じ始めたのは今に始まったことではありません。

出張の時にビジネスホテルに行った際に喫煙室はありませんと言われたのに驚いたことがあったのです。

そこは2019年に出来たばかりのビジネスホテルだったのですが

そもそも喫煙室を作っていないといわれました。


今現在建てているホテルは基本的にはオリピック対策という名目が強いので

海外からのお客様を快適に過ごして頂く為に・・・なんて言われましたが

実際は健康増進法の対策なんだろうなと思いました。

また、昨今ではコンビニにある灰皿も撤去されていたりします。

これが一番衝撃でした。

受動喫煙しないような努力義務が課せられているわけですが屋外の灰皿にまで

ましてやコンビニの喫煙スペースまで影響が出てくるとは思っていなかったからです。

屋外の喫煙スペースはもう少し寛大な措置をしてくださってもよろしいのかと。


たまに見かけるのが通勤時間帯の駅前のコンビニの喫煙所にスモーカーが大量発生している現象です。

出張先で目撃したのですが

駅での喫煙はかなり前から出来なくなっていたので

それにより起きたのが駅前のコンビニに喫煙者溜まる問題です。

喫煙者のミヤチェケの目にもこれはマズイだろ・・・と思いました。

喫煙できる場所が減ったことにより、喫煙できる場所に喫煙者が群がってしまう。

これによりその喫煙所が使用禁止になってまた違う喫煙所に群がる。

完全な悪循環ですね。いやもしかしたら好循環なのかもしれませんが。


 

禁煙化に伴うパチンコ人口の変動

前面禁煙に伴い喫煙スロッター、喫煙パチンカーたちはどうなってしまうのでしょうか?

 禁煙はせずにパチンコを引退
 我慢して吸いたい時にだけ喫煙所に行く
 禁煙して打つ
 悟りを開く



色々な方がいるとは思いますが大半がこの4択になるのではないでしょうか。

ちなみにミヤチェケはになるかと思います。

元々稼働中にそんなに喫煙するほうではないので1~2時間に一回くらい喫煙ルームに

お世話になるのかなと思っています。

しかし世論ではどうなのでしょうか。

これを機に禁煙をする!という方がいましたら賞賛に値するでしょう。

スロットを取るか喫煙を取るかという選択であれば

おそらく喫煙を選んでしまうものだからです。

事実、会社の後輩で4月からはパチンコスロットは引退しますと言っていた猛者がいました。

彼曰く

Right Caption
後輩
俺、4月からパチンコ打たないっす!
吸わずに打つなんて無理っすもん!
だから3月は打ちまくるっす!

吸わずにスロットは打てないという感覚がミヤチェケには理解できないのですが

喫煙者の基本がそうなのでしょうか。

多数決で言うとどちらが多いのかはわかりませんがどちらにせよ変化が起こることは間違いないと思います。

体感で言うと喫煙するスロッターの喫煙ペースはかなりハイペースなので

やはり引退待ったなしなのでしょうか。

ハマっていつ時はどうしても仕方ないですよね。



非喫煙者はどう思っているのだろう

全面禁煙に対して喫煙者がどうなるのかに注目が集まりがちですが

非喫煙者は前面禁煙になることに対してどう思っているのでしょうか?

①何も変わらない
②非常に喜ばしい
③非常に悲しい
④悟りを開く


おそらくこの4択になるのではないかと思います。

予想としましては大半が喜ばしく思っているのではないでしょうか。

喫煙者の立場からしても隣のお客さんがスモーキングしない事は大変うれしいですからね。

喫煙者だって隣の煙は気分の良いものではありません。

一応非喫煙者の後輩にどう思っているか聞いたところ


Right Caption
後輩
においが付かなくなるから最高です!
これで嫁にバレにくくなくなります!
 

なるほど。非喫煙者がヤニ臭くなっていたら、それすなわちパチンコという可能性が高まるということですからね。

確かにこれからはにおいが付きにくい綺麗なイメージになってくれれば

それはそれで嬉しいですね。

灰皿の周りが汚いとそれだけで期待値ダウンしてしまうくらいテンションが下がりますから。

そもそも灰皿もそうですがゴミや空き缶もそこ等辺に捨てないで

指定された場所に捨ててほしいです。

そういうモラルを守ってこそ本当のスロッターなのではないでしょうか。

良い事言うなぁ俺。


しかし今まで煙草の匂いが嫌でパチンコやスロットから遠のいていた人は

逆に戻ってきてくれるという可能性もあります。

全面禁煙によりやめてしまうお客さんと戻ってきてくれるお客さんの割合が

どうなるかが鍵となってきそうですね。

お店側の反応及び対応は?

全面禁煙に伴ってパチンコ店側はどう思っているのでしょうか。


・喫煙スペースの施行にコストがかかる

・集客が困難になる可能性がある(喫煙者の)

・駐車場等の屋外にポイ捨てが大量発生することが懸念される

・悟りを閉じる


正直、店側にはメリットは無いのではないかと思います。

もちろん全く無いわけではないですが収益面を考えると

ただただ経費がかかって赤字になるだけの出来事に過ぎないのかもしれません。

そしてその経費をどこから捻出するかというと


客から巻き上げるしかないわけですね。


恐ろしいですね。

4月から全店設定1でお送りします。

とまあ、ただでさえお客様が減る可能性が高いのにそんな事をしたら

誰も来てくれなくなってしまうのでそれは無いでしょうが。

それでもこれまでよりは設定を入れてくれなくなってしまうのでしょうかね。

6号機になってただでさえ客離れが著しい中

これはパチンコ業界自体暗雲が立ち込めている気がします。

ここをどう対策を打って乗り切るかが店長としての資質を試されている気がします。



まとめと考察

全面禁煙によりパチンコ業界がぐっと変化することは間違いないと思います。

しかしそれはピンチなのでしょうか?

いいえ、違います。ピンチはチャンスだからです。

つまりチャンスなのです。

一体どういうことなのでしょうか・・・。私にも分かりません。


真面目な話、ワタクシは4月から自分の収支がどうなるか実は楽しみにしています。

良くも悪くも大きく勝つか大きく負けるような気がしているからです。

「スロット業界オワタ」と言っている人がたくさんいればいるほど

ライバルが減るのでチャンスにめぐり合う事が多くなるのです。

5号機になる時がまさにそうでしたからね!

しかしそもそもの絶対数が減ってしまうことも考えられるのでなんとも言えませんが

今後のスロット業界、見守って生きたいですね。←誰目線?


それでは次の更新まで

アリーヴェデルチ!!

おかえりはこちら↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村